catch-img

家電全てを「最短・安価」にスマートホーム。解説します!

今回は、自宅をスマートホーム化したいと言う方々へ、


最短で出来る、かつ費用を安く抑えた、

おすすめのスマートホームソリューションを、実例を含めてご紹介します!


「スマートホームって何?」と言う方は是非こちらの記事も参考にしてみてください。


  気になるスマートホーム。まずはリモコンからスタート! 話題のスマートホーム。 難しそうでなかなか手を出せない方へ、一歩踏み出しやすくするソリューション、「スマートリモコン」をご紹介します! coucan by Toyo Media Links



目次[非表示]

  1. 1.スマートホーム化出来る家電とは
  2. 2.家電のスマートホーム化三種の神器
    1. 2.1.① スマートリモコン 「Switchbot Hub mini」
    2. 2.2.② スマートプラグ 「Switchbot スマートプラグ」
    3. 2.3.③ スマートスピーカー 「Echo Dot (エコードット) with Alexaアレクサ」
  3. 3.3点セットを使って、簡単にスマートホーム化しよう
    1. 3.1.① ライトのスマートホーム化
    2. 3.2.② エアコンのスマートホーム化
    3. 3.3.③ 旧式のオーディオもスマートホーム化
    4. 3.4.④ アレクサでスマートホーム化した製品を声でコントロール
  4. 4.まとめ



スマートホーム化出来る家電とは


自宅にある、ほとんどの家電がスマートホーム化することができます。

ICT家電であれば、電源のON/OFF以外にも、様々な要求をスマートフォンアプリから指示できますが、古い家電やアナログ家電はできません。

しかし、スマートホームソリューションを使えば、電源のON/OFFの指示を、スマートフォンアプリから行うことが可能です。




家電のスマートホーム化三種の神器


スマートホーム化する、おすすめソリューションはこの3つです!

これらを組み合わせて使用するだけでスマートホーム化できますよ。


① スマートリモコン 「Switchbot Hub mini」

https://www.switchbot.jp/products/switchbot-hub-mini

リモコンをスマートフォンアプリで操作!エアコン、テレビ、照明は国内外の主要メーカーのリモコンが登録済みで簡単設定。「スマートラーニング」モードを通じてお手持ちの赤外線リモコンをワンタップで簡単に登録することも可能です!


② スマートプラグ 「Switchbot スマートプラグ」

https://www.yodobashi.com/product/100000001005830802/

電源コンセント型のソリューション。コンセントに差し込み、スマートホーム化したい家電の電源を接続することで、電源を管理。家電のオン・オフ状態を確認して、遠隔操作で切り替えることができます。


③ スマートスピーカー 「Echo Dot (エコードット) with Alexaアレクサ」


​​​​​​​

https://www.amazon.co.jp/Echo-Dot

Amazonが開発したスマートスピーカー「アレクサ」。感度の高い集音と、安定性のあるAI解析により、声を張らずにしっかり認識するのが特徴。呼びかけるだけで、インターネットより必要な情報を取得し、天気やレシピなどを答えてくれます。



こちらの記事でも記載していますが、スマートホーム化させるための第一歩としてスマートリモコンがおすすめです。(前回はremo miniをご紹介しました)

  気になるスマートホーム。まずはリモコンからスタート! 話題のスマートホーム。 難しそうでなかなか手を出せない方へ、一歩踏み出しやすくするソリューション、「スマートリモコン」をご紹介します! coucan by Toyo Media Links


今回はこのスマートリモコンにプラスして、スマートプラグスマートスピーカーを使用します。


スマートホーム化する機器の台数にもよりますが、この3つを1セットで、約12,000円で購入することができます。

* 家電の数によって買い足すのは、スマートプラグ(約1980円)くらい。


まずはこの3点セットを使います!



3点セットを使って、簡単にスマートホーム化しよう


私の部屋は


・天井のメインライト(リモコンあり)


・電気スタンド(リモコンなし、電源スイッチ式)


・エアコン(リモコンあり)


・旧式オーディオ(リモコン紛失)


以上の家電で構成されています。これらをスマートホーム化しました。


① ライトのスマートホーム化


まずは天井のメインライト。こちらは、リモコンがありますので、リモコンをスマートリモコンに読み込ませて、スマートフォンで操作できるように設定しました。


続いて、電気スタンド。こちらは、リモコンがありません。そのためスマートプラグを使用します。自宅のWi-Fiに接続設定をしたスマートプラグに電源コンセントを差し込み、スマートフォンで操作で電気供給を管理できるように設定しました。これでスマートプラグをONにすれば、スタンドの電源が入ります。


*写真のような電源スイッチがあり電源供給の有無でON/OFF可能な製品のみ対応可能です。


② エアコンのスマートホーム化


エアコンはもちろんリモコンがありますので、リモコンをスマートリモコンに読み込ませますが、比較的メジャーなメーカーで年式も新しい為、スマートリモコンアプリ内にあるリモコン一覧に型式があります。これを選択して完了。

メジャーなメーカーであれば、多くの型式が選択可能になっており簡単に設定できます!


③ 旧式のオーディオもスマートホーム化


長年使っているオーディオスピーカー。携帯電話が普及した頃の型式。リモコンはありましたが、とっくに紛失。スマートプラグを使っても、電気供給後、ボタンを押さないと電源が入らないタイプなので、難しい。

そんな時もスマートリモコンで登録することができました。

スマートリモコンに登録されたメーカーリモコンは、製品の型式ではなく、リモコンの型式で選択します。リモコンは型式が異なっても、同じメーカーであれば、同じ信号を使っていることが多い為、いくつかアサインして、旧式オーディオに反応する型式を無事見つけることができました。


④ アレクサでスマートホーム化した製品を声でコントロール


これで、ライトもエアコンもオーディオもスマートフォンアプリで操作できるようになりました。

この状態でも楽なのですが、せっかくなので声でコントロールしてシームレスに操作しましょう!

Switchbotシリーズは、アレクサアプリに「スキル」という形で一括対応させる機能がついています。

このSwitchbotスキルを有効にするだけで設定完了



これで、

「アレクサ、スタンド付けて!」と言えば、スタンドが電源ON!

「アレクサ、オーディオ消して!」と言えば、旧式オーディオの電源OFF!


「アレクサ、冷房を28度で付けて!」と言えば、冷房が電源ON!28度で起動します。


さらにアレクサアプリで自動化設定


「アレクサ、おはよう」と言えば、

メインライト、スタンド、オーディオが電源ON!さらにアレクサから今日の天気とニュースが流れるように設定することも可能です!


意外と、簡単にスマートホーム化できました。


まとめ


スマートホーム化は、安価に始めることができます。

そして、電源のスイッチによる制限はありますが、あらゆる製品をスマートホーム化することができます。


今回ご紹介した、3点。おすすめです。


  1. スマートリモコンで、リモコン操作。型式の古いものも設定可能!
  2. スマートプラグで、リモコンの無い機器も操作可能に!
  3. スマートスピーカーで、操作を声で指示!インターネット情報の配信と合わせて自動化!


スマートホーム化すると、シームレスに家電製品を操作することができるので、日常が効率的になりました。体感してみると止められなくなりますね。


スマートホームと言うのはどういうものなのか、知る上で一番大切なのは、まずは実施してみること。この3点セットから体感してみてください!

ミニマムな、お試しと言うことであれば「スマートリモコン」だけから始めるのもオススメですよ。


是非参考にしてください。